4daagse Nijmegen(ナイメーヘン国際フォーデーマーチ)に挑戦!161km完歩を目指す最終日

最終日の朝。

朝目が覚めると、何故か右足首に違和感。右膝はよく痛くなるけれど、足首やスネに違和感を感じるのは初めて。最後の最後に予想外の事で、先行き不安な朝を迎えました。

スポンサーリンク

ゴール地点のようなスタート地点

最終日はナイメーヘンの南にある「Cuijk」を通るコース。距離は42.5km

44,702人がスタートした4daagse。3日目まで歩き切ったの41,580人。

5:45スタート。最終日いってきます〜

スタート地点では若者が音楽に合わせて歌って踊って参加者にハイタッチやエールを送ってくれた。スタートだけど、まるでゴール地点かのような盛り上がり。

最初の5kmは3日連続で同じルート。毎朝、鐘を鳴らしているおじさん、テラスから見守ってくれていたおじさん、毎日誘導してくれた係員やポリスのみなさん。本当にありがとう!

音楽を聴きながら、10kmまでは余裕な足取りで 進む。

その後は、足首の違和感はだんだん痛みとなり暫し休憩。休憩時にパートナーに電話。「いよいよ最終日。調子はどう?ゴールは何時頃になりそう?今日は夕方まで仕事だけれど、駅まで迎えに行くね!」とそんな会話をする。

休憩後に歩き出すもやっぱり足が痛い。

ゴールまで残り30.3kmの表示を見て不安。このままの状態で30km歩くのは正直しんどい。ここからモデルの様に姿勢を良くして、腰で歩くのを心がけて進む。そしたら痛みがだいぶ軽減された。

すでに背中のバックパックにグラジオラスの花を挿している人もちらほらいました。「私もグラジオラスの花を手にすることはできるのかな?」とふと思う。

足は痛いけれど、オランダの豊かな自然を感じながら進む進む。4日目のコースは特に絵になる景色がたくさん溢れているように感じました。

20kmまであと少しの地点で再度休憩。休むと逆に辛くなりそうなので、ここからはとにかく止まらずにひたすら歩いていく事にした。

LindenとCuijk

しばらく歩くとLindenという小さな村に到着。

人ではなくマネキンがお出迎え。変装して記念撮影もできるスポットもあったり。

手作り感溢れる文化祭の様で、すごくシュールだけど住民の愛を感じる。

大音量の音楽や大歓声の応援とは違う形で何だか元気になれた、思い出に残る好きなエリアでした。

その次にたどり着いたのは「Cuijk」という街。もちろん街全体がお祭り。

マース河に架けられた舟橋を渡ります。普段はここには橋なんて存在しないのですが、この日の為だけに、特別な橋を軍隊が用意してくれるのです。そんな事は後に知ったのですが、多くの人の協力や応援にはただただ感謝しかない。

橋を渡り終えたところで、少し立ち止まって街を眺める。綺麗な眺め!

教会とマース河沿いの景観がとっても印象的!ここでピクニックしたら気持ちよさそう。休まず歩くと決めたので、歩き出す。きっとまた4daagseに参加すれば、再び訪れる事はあるかな〜

ゴールを目指す

ゴールまでのラスト11kmは辛かった。

4日間の疲れがどっと溢れて足取りが重い。11kmならゆっくり歩いても2時間半ぐらい。大丈夫!タイムリミット(17時)まで、まだまだ時間はある。と言い聞かせて進む。

ラスト8,5km → 7km → 6km → 5,5km

全然進んでいないのに、距離だけ確認してしまう(^^;)

そしてやっとでラスト5km。まだ1時間以上も歩かないといけない。

大きな通りなのに、大勢の人が集中していてものすごい混雑。

ただひたすらにゴールに向かって皆んなで進む。

大歓声のエールに大きな叫びで返答する人もいるけれど、そんな体力もないぐらい。ゴールする為には足を動かす事以外に、余計な動きは出来ない。

足は疲れているけれど、応援が目を楽しませてくれる。

そして最後の最後に、日の丸を掲げた日本のグループを発見。大会期間中歩きながら会えるかなとずっーと探していたんです。

そして残りわずか。

受付をした月曜にも通った道。この道をまっすぐ歩いて、あそこの角を曲がった先にはゴールがある。

ゴールは目前。1歩1歩前に進んでいたら・・

どこからか、いきなり目の前に誰かが走って現れた!

誰かが私の名前を叫んで抱きついてきたけれど、一瞬何が起きているのか理解できずに大混乱。

落ち着いて前を見てみると・・

なんと目の前にいたのは・・・パートナーの

Wow!どうしてここにー!?

びっくりしたと同時に義父の顔を見ると安心感と嬉しさがこみ上げて、心身の緊張感や疲労が一気に消えて号泣!

一瞬の事で頭が真っ白だったけれど、ここまでわざわざ会いにきてくれた事に感動。

そして驚きの一言。

うちのパートナーも来ているよ。

「えー嘘ー!?仕事って言ってたはずなのにー!」

サプライズで応援に来てくれた家族に感動。たくさんのグラジオラスの花を受け取りました。

その後はパートナーと一緒に歩いて感動のゴール!

初めての4daagse。温かい応援の後押しで、見事に161kmを完歩することが出来ました!

ゴールしたらすぐに家に帰って寝るという考えはなく、会場で飲んで踊ってと皆んな元気。中には翌日からビーチリゾートにバカンスに行くという人もいました。なるほど!自宅療養ではなく、ビーチでゆっくり過ごして回復するという訳ですか。

たまに4daagse歩いてきたと言うと周りからびっくりされるんですが、「私が歩けたんで、誰でも準備さえすれば4日間歩けると思うんで、興味合ったらぜひ挑戦してみて下さい。」と皆んなに伝えています!^^

思い出に残る4日間で、辛かったけれどとても楽しかったお祭りでした。

かなり時間がかかりましたが、オランダ語バージョンでも記録を残してみました。
→ 4daagse Nijmegen (Dag 4) "De dood of de gladiolen"

コメント

error:Content is protected !!