オランダの冬のお菓子 Appelbeignet(アップルベニエ)

オランダで食べられる冬のお菓子 第2弾

Appelbeignet(アップルベニエ)の紹介です!

スポンサーリンク

アップルベニエとは?

アップルベニエはりんごのスライスを揚げたお菓子。

たっぷりのシナモンと砂糖がかかっています。

オリボーレンと同様に、オランダでは冬に食べられるお菓子のひとつ。

 

ベニエとは?

beignet(ベニエ)はフランス語で揚げた生地という意味。

フランスのお菓子かな〜と思ったらそうでもないみたい。

ベニエは小麦粉を卵黄・牛乳でとき、泡立てた卵白を加えた軽い衣をつけて魚介類・野菜などを揚げたもの。

要するに、フリッターで日本の天ぷらのような物!

またベニエはアメリカ・ニューオリンズ名物の四角く揚げたドーナツ菓子の名前でもあり、アメリカでベニエと言ったらこの四角いドーナツの事を指すそうです。

真っ二つに切ると中から分厚いりんごのスライス。

サクサクの衣と、中の甘酸っぱくて柔らかいリンゴが美味しい!

オリボーレンの屋台を見かけたら、オリボーレンだけでなくこのアップルベニエもぜひお試しあれ!

オランダの冬のお菓子 Oliebollen(オリボーレン)
早いものでもうすぐ年末。 そろそろ日本の年越しが恋しくなってきました。 オランダでの年越しに欠かせない食べ物「Oli...

 

コメント

error:Content is protected !!