コロナ禍のオランダ。散歩の楽しみ

コロナ禍、外で出来る唯一の楽しみが散歩。

散歩に出かけると、足元には流行りのチョークアートなど見かけます。

最近、よく出没しているのが植物博士。

ただの雑草や、同じように見える植物ですが、種類がたくさん。

植物博士とは散歩ルートが同じなので、きっとすれ違っているかもしれない。

普段は視線を向けない隅っこにも、自然と目がいきます。



「Paardenbloem」はタンポポ。

私が知っているのはタンポポだけでしたが、植物博士のお陰で勉強になり、散歩の楽しみが増しました。



そして「Berenjacht(テディーベアハント🧸)」

多くの人が、窓辺にテディーベアやぬいぐるみを飾っています。

ただの散歩も、宝探しならぬテディーベア探しとなり、楽しみが味わえます!

コメント

error:Content is protected !!