6月 新型コロナウイルス関連情報

スポンサーリンク

海外渡航について

6月15日より、オランダから欧州内のいくつかの国へ旅行が可能となりました。

6月15日時点、以下欧州16か国への旅行勧告が、オレンジ(不要不急の渡航を制限)からイエロー(渡航は可能だが、注意が必要)へと緩和されます。

ベルギー
ブルガリア
ドイツ
エストニア
フランス
アイスランド
イタリア
クロアチア
ラトビア
リヒテンシュタイン
リトアニア
ルクセンブルク
モナコ
ポーランド
ポルトガル
チェコ共和国
スイス

詳細はこちら

旅行が推奨されない国イギリス、スウェーデンへの渡航勧告は、当面オレンジコードが維持されます。

デンマークはオランダ人の観光客を受け入れないようなので、デンマークへの渡航もしばらくは不可能です。

夏季休暇の旅行について6月3日に首相記者会見が行われた際は、フランスはまだオランダからの旅行者を受け入れるか未定でしたが、渡航可能となりました。詳細はこちら

スペイン、アイルランド、フィンランドなど、他の国々はオランダからの旅行者を受け入れられるかまだ未定。今後数週間で決定していくようです。

注意点
  • 出発前に外務省からの旅行アドバイスを読む。
    最新の渡航勧告の確認→https://www.nederlandwereldwijd.nl/
  • 旅行中は、旅行先の国における規制ルールに従う。
  • マウスマスクの使用、距離の維持(一部の国では最小2メートル)、レストラン、美術館、観光スポットの開放など、国内で施行されている規則を把握する。
  • 旅行勧告は、旅行中でも急遽変更される場合もあるので、最新情報を把握する。

※今の所、欧州外の国への旅行は、なるべく避けるように呼び掛けられています。

欧州外からオランダに戻ってきたあとは、2週間の自主隔離が要請されます。

※海外からオランダへの観光客に関しては、オランダとほぼ同じ状況にある国から旅行が可能となります。

オランダ国内旅行

6月3日の首相記者会見では、海外旅行はリスクがあるので、夏季休暇はなるべくオランダ国内で過ごす事を推奨していました。

他にも可能な限り、

  • 公共交通機関の利用は必要最低限とし、なるべく車・自転車・徒歩で旅行する。
  • 子どもの学校休暇に左右されない人は、可能ならばオフシーズンに休暇を取る。

詳しくは→ オランダにおける新型コロナウイルス感染症関連情報(在オランダ日本国大館)

今年の夏季休暇は、旅行で出かける人にとっては、通常とは異なる夏の過ごし方となりそうですね。

飲食店も再開

6月1日から、カフェやレストラン等の飲食店が、再開しました。

再開の初日に早速、予約が不要のテラス席へ、お茶をしに行ってきました。

天気も良くて、飲食店の再スタートには絶好の日和。

多くの人がこの日を待ってましたーと言わんばかりにテラス席は満席なのでは?と予想していましたが、実際は混雑はしておらず、席は約半分ほどが埋まっている感じでした。

私の周りには「再開してすぐにカフェやレストランへ行くのは、まだ早すぎるのでは?もう少し様子をうかがってから行く」と考えている人もいるので、

6月1日に飲食店へ出かけたのは、健康で体力に自信がある人が多かったでしょう。きっと。

数日後に、レストランへディナーへ。

店内の様子は、未使用のテーブルを中央に設置し、席と席が近づきすぎないように広々と間隔が取られています。

4人がけの席は、2人専用となっており、各テーブルには手の消毒液がありました。店内は30人ぐらい

食事後にふと気付いたのですが、来店時に確認されるはずである「当日の健康状態」をそういえば聞かれませんでした。多分、店員さんも忘れていたと思いますが・・


引き続き、店内へ入店できる人数を制限しているお店もあります。

お店の入り口の張り紙→

1番上に4と書かれているので、ここのお店では4人まで入店可能。

入店する際に、要チェックです。

約半年ぶりぐらいの美術館へ。

美術館の入館は、ネットでの完全予約制となっています。美術館の大きさによって予約数に限りもあるようですが、近所の美術館は10人まで。

人同士がすれ違わないように、通路には矢印で進行ルートが記されており、入館から退館までそれに沿って進んでいくようになっていました。

訪れた美術館は、今まで見た事ないほどかなり空いていてとっても静か。ゆっくり鑑賞する事ができました。

規制も緩和されてからの生活は、ソーシャルディスタンスの事をもうすっかり忘れそうになっていますが、なるべく混雑を避けて、人との距離を保っていきたいと思います。

コメント

error:Content is protected !!