【4月18日更新】オランダのコロナウイルス現状

こんにちは。

今週予定していたバケーションがキャンセルとなり、暇人となってしまった筆者です。

先月までは日本や中国が大変だなぁと思っていたら、今ではイタリアに限らずヨーロッパ全体が大変な状態に。

そしてオランダでは、2月27日に初のコロナ感染者が確認されてから日に日に感染者は増え続け、ここ最近になり状況が目まぐるしく変化しました。

スポンサーリンク

オランダにおけるコロナウイルスの情報

オランダでコロナウイルスの感染が確認されたのは1413人。

3月6日に、初の死者が確認されてから死者数は24人にまで上っています。(3月16日現在)

オランダの中でも特に南部のノースブラバント州に集中しています。

・オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の最新情報 → https://www.rivm.nl/en/news/current-information-about-novel-coronavirus-covid-19

<追記>それから1ヶ月後の4月18日

学校や飲食店の閉鎖が始まったのが3月16日。それからの1ヶ月は多くの人が外出自粛を余儀なくされています。

陽性が確認された人数

陽性確認者数は4月18日に+1,140名増えて、合計で31,589人がRIVMに報告されています。毎日大体800〜1,000人のペースで増え続けています。

入院患者数

4月18日に病院に新たに入院した患者数は129人。入院中・入院していた人は合計で9,594名。こちらは4月に入ってから少しずつ減少。

死亡者数

4月18日は+142名、合計で3601名の死亡者。

感染分布図

オランダの南部の方に集中しています。

年齢層別

オランダでは20~29歳の死亡者が0.1%の3名。30~39歳は0.2%の6名。

4月18日に10代(15~19歳)の死亡者が1名出ました。

アムステルダムの様子

今月は毎週末、諸用でアムステルダムへお出かけしていたんですがその時の様子はと言うと・・

(3月前半)

3月7日、コロナウイルスの影響など全く感じずいつも通りのアムステルダムでした。お店やショッピングストリートも混んでいて、誰もウイルスのことなんて気にしていなさそう。

コロナウイルスの感染が始まってから、マスクして歩いている人を探しているんですが今まで見たことがありません。

あの様子だとウイルスは拡大し続けるしかないので、より自分自身の免疫力を高めていくしかないなと感じました。

オランダ政府の記者会見後の3月14日、この日は家族の誕生日のお祝いをする為にアムステルダムへ。ウイルスも心配だし延長する?という話もでたけれど、もうこの日を逃したらきっと集まれないと予想。(本当にこの日が外食出来た最後のチャンスでした)

電車内、アムステルダム中央駅、ダム広場などを歩いたんですが、通常と比べると若干人通が少ないかなぁ〜という印象でした。それでもアムステルダムの街は大勢の人が行き交い賑わっていました。なんとマスクをしている人を3人も発見しました。オランダに来て初めてみました。

訪れたカフェも満席。天気も良かったので、ボートが何隻も運河を通り過ぎていきます。街中のバーでは、なんら変わらずテラス席に腰掛けている人もいました。呑気だな〜という印象(私も人のことは言えないけれど)

夜もアムステルダのレストランでディナーしたんですが、今振り返ると、この日に誕生日を無事に祝える事ができて本当に良かったと思いました。

バケーションもなくなり、その上美術館と図書館の閉鎖がショックでしたが、こればかりは仕方がない。いつも以上に外出後の手洗いうがいを徹底してウイルスに負けずに過ごしていこうと思います。

4月

その後。

4月のイースター休暇にパートナーが諸用でアムステルダムへ行ってきました。

その時の様子は、観光客がいないので、駅も電車もガラガラ。アムステルダムの街もかなり静まり返っていたようです。

ですがオランダは外出禁止にはなっていないので、買い物や散歩など外出に関して比較的自由度があります。天気が良いのが重なり、ウォーキングやランニングをしている人は多かったようです。

これはアムステルダムに限らず、他の都市も同様。週末の昼間に散歩や買い物に行くと、コロナ騒動終わったのと思わせる程の人が多い。大勢の人が芝生で日向ぼっこしたり、ランニングや自転車乗った人がかなり近くを通り過ぎて行きます。

日に日にコロナウイルス規制に対して気の緩みが出ています。。

コロナウイルスが深刻化しだして、「オランダでもとうとうマスクが流行るのでは?」と感じていたけれど、そんな事は全くなく。マスクをする習慣がないオランダでは、こんな状況でもやっぱりマスクが浸透する事はないようです。

日本では外出に必須なマスク。コロナ騒動が始まり入手困難となってから、マスクを購入するために行列に並んだり手作りしているようですが、オランダではマスクなしでも普通に生活している人多数。

「マスクは別にコロナ対策にはならないのか?」

パートナーのおじさんがマスクをしてスーパーに買い物に行ったら、マスクをしているから入店を拒否されたとか。なのでマスクを外して、スーパーで買い物したようです。マスクで入店拒否ってどういうことー!?

「日本の感染者がオランダより少ないのは、やっぱりマスクのお陰?」

と、国によるマスクの重要性の違いついて考えてながら、コロナウイルスが早く終息することを願っています。

error:Content is protected !!