ミッフィーミュージアム(Nijntje Museum)in ユトレヒト

日本人なら誰もが知っている、子供から大人まで大人気のうさぎの女の子「ミッフィー」

2015年にはミッフィー誕生から60周年を迎え、長年に渡り世界中の多くの子供たちに愛され続けています。

60-years-of-miffy


中々知られていませんが、実はミッフィーの生まれ故郷は、オランダのユトレヒト(Utrecht)です。


ユトレヒトの街にある、ミッフィーミュージアムのご紹介です。

スポンサーリンク

Welcome to Miffy Museum

ミッフィーミュージアム
ミッフィー・ミュージアム入口


2016年2月にリニューアルし「ミッフィーミュージアム」として、生まれ変わったばかりの博物館。


リニューアル以前は「ディック・ブルーナ・ハウス」と言う名前のミュージアムで、2006年の開館以来、世界中の多くの人に親しまれていました。

日本からも毎年5万人以上の人が訪れていたようです。


ミッフィーミュージアム
ミッフィーミュージアム


そして、ミッフィーミュージアムに入ってすぐさま目に入るのが「ようこそ」という日本語

ミッフィーミュージアム


ミュージアム内にある案内表示や説明も、オランダ語、英語に続いて日本語の表示がされいるんです。

最初は、「なんで日本語?」と驚きましたが、いかに多くの日本人が訪れているのがよく伺えます。

本当に多くの日本人に愛されているミッフィーですね!

実は、オランダには、ミッフィーには別の呼び名があるんです。

昔から慣れ親しんだ「Miffy (ミッフィー)」という名前。これは、英語に翻訳されるときに付けられた名前なんです。

オランダ語では、ミッフィーは「Nijntje(ナインチェ)」と呼ばれています。
ナインチェは小さなウサギちゃんという意味です。

なのでミッフィーミュージアムも、Nijntje Museum と呼ばれています。


ミッフィー好きにはたまらない!

ミッフィーミュージアム


ミュージアムには、ミッフィーのお家、動物園、お医者さんなど、ミッフィーの絵本の世界をそのまま体感出来るアトラクションが盛りだくさん!

小さい子どもたちに大人気のスポットとなっています。

ミッフィーミュージアム

ミッフィーのおうちで、キッチンでケーキを焼いたり、裏庭で芝生を刈ったり、ベットでミッフィーを寝かしつけたり…

ミッフィー好きにはたまらない〜!

内容になっておりますが、ミッフィーミュージアムは完全に子ども向け。

子どもがメインで遊びながら、楽しめるミュージアムとなっています。

ミッフィーの作者 Dick Bruna

ディック・ブルーナ

ミッフィーの作者「Dick Bruna(ディック・ブルーナ)」氏。

1927年にユトレヒトに生まれ、2011年に引退するまで120冊を超える絵本を描き、そのうち32冊がミッフィーを主人公としています。

ミッフィーミュージアム

ディック・ブルーナ氏の絵本は、約50ヶ国語に翻訳されており、その世界中の絵本がミッフィー・ミュージアムでは天井から吊り下げて飾られています。


ディック・ブルーナのアトリエ


ミッフィーミュージアムは主に小さな子どもたちが遊びながら体感するミュージアムでしたが、大人向けの展示は、ミッフィー・ミュージアム向かいにあるセントラル・ミュージアムへ行ってみましょう。

ディック・ブルーナ
実際に使用されていたデスク

セントラル・ミュージアムの最上階では、引退したディック・ブルーナ氏のアトリエが移築され見学することができます。

ミッフィーやその他、ディック・ブルーナ氏の多くの作品(描いた原画など)に関する展示が公開されています。

ディック・ブルーナ


ディック・ブルーナー氏が、実際に座っていたソファー。

毎日自宅からアトリエへ通うために乗っていた自転車、各国のファンからのプレゼント(日本のファンからは折り紙のミッフィーなど)も多数展示されておりました。

また、ショートムービーが上映されておりました。

ディック・ブルーナ氏の仕事や日常の様子、作品制作の技法。

なぜ作品に登場するキャラクターは常に真正面を向いているのか(そう言えば、横向きのミッフィーは見たことがないですね)・・・等々について知ることが出来ます!

ディック・ブルーナ氏の創作にかける熱い思いが伝わってくるので、とてもオススメです。

こちらのアトリエの展示の案内や説明も、全てオランダ語、英語に加えて日本語でも記載されており、ショートムービーも日本語字幕があるので楽しめると思います。

ミュージアムのエントランス近くにある、お土産ショップもミッフィーグッズで溢れています。

ミッフィーショップ

日本でもミッフィーグッズはたくさん手に入るけれど、日本にはないミッフィー生誕の地ならではの物も見つかるはず!


ミッフィーミュージアムの他にも、ユトレヒトの街には、ミッフィーに会えるスポットがたくさん。ユトレヒトへ訪れたらぜひミッフィーを探してみて下さい!



冬になると期間限定のミッフィーのプロジェクションマッピングも見ることができます!

ミッフィーミュージアム・基本情報

ミッフィーミュージアム公式HP→こちら

【住所】Agnietenstraat 2, 3512XB Utrecht

【電話番号】+31 (0)30 2362362

【営業時間】火~日曜日 10:00 – 17:00  イースターと聖霊降臨節の月曜日は営業

【休業日】月曜日 / 1月1日 / 4月27日 / 12月25日

【料金】 2歳未満:無料 | 2~6歳: €10 | 7~17歳:€6.50 |大人:€6.50
ファミリーチケット(大人2人子供2人まで): €25

※ミュージアムカード利用可

【アクセス】ユトレヒト中央駅から徒歩15分

その他 ミッフィー関するWEBサイト

イベント、ニュース、グッズ、ブルーナショップ情報など、ミッフィーや作者のディック・ブルーナにまつわる情報を掲載しています。

日本のミッフィー情報サイト→こちら

コメント

error:Content is protected !!