Schoorlの砂丘とビーチ /Klimduin & Schoorl aan zee

2020年初秋、オランダ国内旅行として「Schoorl(スコールル)」へ行ってきました。

スポンサーリンク

Schoorlの場所

電車でAlkmaarまで行き、そこからバスで約15分程で到着です。

Klimduin(登山砂丘)

Schoorlはとても小さな村ですが、大きな目玉となるアトラクションがあります。

それが「Klimduin」

砂丘の坂道。

久しぶりの坂道。しかも砂丘だ〜✨

坂道の前にはカフェのテラス席が広がっています。

坂の上からの景色を見る為に、せっせと坂道を登っていきます。



坂道の上からの眺めは見晴らしが良くて、気持ち良い!


多くの子供たちは、転ぶことを恐れずに坂道を登っては思いっきり下へと駆けていきます。

うちのパートナーにとってSchoorlは思い出の場所。小さかった頃、週末に家族でここへ遊びにきては、全身砂まみれで駆けずり回って遊んでいたそうです。

Klimduinでは、家族連れで楽しむ姿が多く見かけられました。

坂道を登り終えると、森の遊歩道へとつながっていきます。

ビーチまでウォーキング

見晴台からの眺め

森の中を歩き始めると、高台に到着。見晴台からの眺め↑ 遥か向こうに、わずかですが海が見えます。

今からあの見える海を目指して、ウォーキング開始!海まで距離があるので、まずは中間地点にあるカフェ「Berenkuil」を目指します。

道端に生えたキノコで秋の訪れを感じる。

気温は20度以下ですが、歩いていると汗ばんできます。

そして、道のりが砂で歩きにくい。

クリスマスリースの飾りにぴったりな、松ぼっくりもたくさん落ちていました。


良く晴れた初秋の週末、ウォーキングやサイクリングを楽しむ人がたくさん。本当に皆んな健康的な休日の過ごし方。

暑くもなく寒くもない季節。森の散策にはちょうど良い時期ですが、さらに秋が深まった頃の、散策も綺麗だろうなと思います。

Berenkuilまで後少し。

Berenkuilまでの道のりを進んでいると、たくさんの自転車が後ろから追い越していきます。皆んなが向かう先は一緒。きっとこのサイクリング一行もカフェに向かっているに違いない。

Berenkuilという森の中に佇むカフェに到着!

かなり繁盛していました。ごくごく普通のアップルタルトとミルクチョコレートで休憩。よく歩いた上に、森の中なので美味しく感じます。



ビーチまでもう少し。

見晴台からの眺め。

Schoorlのビーチ

砂丘から出発し途中休憩を挟んで約2時間程で、Schoorlのビーチ(Schoorl aan zee)に到着しました。

ここでしばらくビーチで寝転がって砂遊びを楽しんだり、のんびりした時間を過ごしました。

Schoorl aan zeeから繋がるビーチを北上すると、Hargen aan Zeeにたどり着きます。

Hargen aan zeeの方は、レストランやも完備してありました。

さてさてHargen aan Zee の方から、Alkmaarまでバスに乗って戻る予定だったのですが・・・

なんと、調べてみるとこの日はバスが走っていませんでした😂

1時間以上の道のりを、スタート地点を目指して再び歩いて戻ることに。。。

行きは大勢の人を見かたんですが、帰れは誰とも合わない静かな帰り道となりました。

日が沈む前に、遭難せずにバス停まで辿りつけることを祈りながら、進んで行きます。

この写真の、トマト様に見える赤い実。要注意です!中身をあけたら、手の平がものすごい痒みに襲われるそうです。


19時頃。



Googleマップがないと迷いそうな森です。

こうして、何とかスタート地点のKlimduinに到着。

昼間は賑わっていたKlimduinですが、夕方になると閑散としていました。

砂丘前の広場で少し休憩をしていたら、昼間に見かけた砂丘を思いっきり駆け上り下っていく少年を近くで見かけました。きっと1日中、砂丘の坂道で遊んでいたんだろうな〜

Schoorlのバス停に辿り着いたときは、もうすっかり真っ暗になっていました。

往復とも歩くつもりはなかったので、かなり疲れましたが、

いい運動になり、海も森も楽しめた1日となりました✨

コメント

error:Content is protected !!