De hapjeshoekのサンドイッチ

オランダのランチや軽食と言えば、「サンドイッチ」

オランダ中のカフェ・レストランやスーパーで、色んな種類のサンドイッチが売っています。

その中でも、私がオススメするサンドイッチ in アムステルダムの紹介です。

De hapjeshoek

De Hapjeshoekは、

アムステルダム中心部のWaterlooplein地下鉄駅内にある、スリナム料理のレストランです。

色んな場所で色んなサンドイッチ類を試してきましたが、

ここのサンドイッチは本当に美味しくてボリュームたっぷり。

写真(左)丸い物は Bara(バラ)と言う、スパイスで味付けされた生地を揚げたスナック

写真(中央)Broodje hete kip(スパイシーチキン)

写真(左)broodje bakkeljauw(タラの塩漬けサンドイッチ)

Bakkeljauwはタラの塩漬けを乾燥させたもの。



そしてスリナム料理系のお店でBroodjeを注文すると、たいてい店員さんに「Met zuur en pepper?(ピクルスとスパイス入り?)」聞かれます。

zuurは(意味:酸っぱい)キュウリのピクルス、pepperは唐辛子、スパイスの事を指します。

サンドイッチの中に、ピクルスや唐辛子の片方or両方を入れたりと自分の好みで選べます!

ここでは、唐辛子は別皿に添えられていました。

3種類の異なるスパイス。それぞれ少量ずつ、サンドイッチにつけて食べてみましたが美味しかったです。

サンドイッチ以外にも、ロッティーなどの美味しそうなスリナム料理やスナックが勢揃いでした。

お得かつ手軽にボリュームがあるサンドイッチが食べたい時は、ぜひトライしてみて下さい!

2つの表現

オランダ語でサンドイッチと言えば、「boterham」と「broodje」の2つの表現があります。

Boterhamは2枚の食パンスライスに、ハムやチーズなど挟んだサンドイッチ。

broodjeはバンやピストレット(小さいバゲット)に挟んだサンドイッチ。

コメント

error:Content is protected !!