パリ旅行記〜美味しいオススメグルメ編〜

フランスと言えば各地特色ある美味しいグルメもありますが、今回の旅ではほぼ飽きるほどパンばかり食べていました。パン以外ではストリートフードやカフェなど。

フランス料理が食べれるレストランなどは一切行っていませんが、それでも美味しいパリ名物をたくさん味わってきました。

パリで食べた美味しいグルメ録です。

スポンサーリンク

BESTクロワッサン

今回の旅グルメの主役はパン。

フランスの食文化に欠かせないパン。パンとバターとっても美味しくて、フロマージュ(チーズ)も美味しかった。

パリでBESTクロワッサンとの出会いがありました。

オススメのパン屋さんは「La Maison Pichard」というお店で、滞在していたお家からも近くてお店の定休日以外、毎朝買いに行って食べていました。

クロワッサンがびっくりする程美味しかったです!外はサクッとした食感に中はふんわり。

こんなに美味しいクロワッサンが1つ€1という安さにさらにびっくり。

私の人生で食べた中で1番美味しいBESTクロワッサンです!去年のローマでのクロワッサンを上回りました。

クロワッサンも美味しいけれど、バゲットも絶品!

お店で並んでいる時、みんなバゲットを買っていくんですが、聞いていると皆んなバゲットの事を店名の「Pichard」と呼んでいるんです。

私たちが注文した時も、片言のフランス語でバゲット1つ下さいと注文したら、店員さんもバゲットをつかみながら「Pichard?」と聞いてきたので「Ja,(思わずオランダ語が出てきました)Pichard!!」

ここのお店ではバゲットは「Pichard」と呼ばれて親しまれているようでした。

バゲットにはスーパーで買ったエシレバターをつけて食べました。もうそれだけで最高に美味しかったです。もうオランダのスーパーのパンとか食べれない。。。

バゲットの紙袋には読めないけれど、多分クロワッサンやチョコレートパンなどが美味しいパンに選ばれているような事が書かれています。

お店にはパン以外にも美味しそうなケーキやクッキーのお菓子もたくさん並んでいました。どれも美味しそうだけれど、食べるのが勿体ないほど見た目がキラキラしていて可愛らしい。

お店が家の近くだったら間違いなく焼きたての絶品クロワッサンを求めて、毎日でも通っているだろうなぁ。普段食べれない味と食感だからこそ、特別感があるクロワッサンでした。

La Maison Pichard

美味しいパンを買って、公園でのピクニックもオススメです!

ローマ旅行記〜美味しいオススメグルメ編〜
イタリア・ローマで味わった美味しいオススメのグルメ録です。 イタリア料理といえばピザやパスタ。日本でも気軽に食べられて...

パリのB級グルメ「ファラフェル」

パリのB級グルメは、イスラエルの名物料理の「Fallafel(ファラフェル)」

パリのファラフェルはこんな食べ物↓

一般的にファラフェルとはひよこ豆のコロッケのことですが・・・

パリでファラフェルと言うと、ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)を野菜と一緒にピタパンにサンド状に挟んだ食べ物のことです。

写真ではファラフェルが2つだけトッピングされているだけに見えますが、ピタパンの中にもファラフェルがゴロゴロ入っていていました。

とってもボリュームがありお腹いっぱいになりました。

皆んなメニューにある1番上のファラフェルスペシャルを注文しているようでした。肉を使用してないのでベジタリアンの人も食べれちゃいます。

お店の人が1つ1つ丁寧にファラフェル作ってくれます。

美味しいファラフェルを食べたのは、4区のマレ地区Rue des Rosiers(ロジエ通り)にある「L’as du Fallafel(ラス・デュ・ファラフェル)」

この界隈にはファラフェルのお店が至る所に点在していますが、どのお店も観光客のみならず地元民も行列に並ぶほどの人気ぶりでした!

すれ違うほとんどの人がファラフェル片手に歩いているほど。

店内にはイートインのスペースがわずかにありましたが常に埋まっているので、殆どの人がテイクアウトしてファラフェルを頬張りながら食べ歩きを楽しんでいる様子でした。

L’as du Fallafel

コメント

error:Content is protected !!