オランダの名物スナック「クロケット」

オランダ名物に関してリサーチしていると、必ず登場するのが「クロケット」

私も初めてのオランダ旅行で、毎日のように食べていたので「オランダ名物=クロケット」です。

オランダに来たならぜひとも食べて欲しい、定番のスナックの紹介です。

クロケット(kroket)とは!?

クロケットとは、オランダ風コロッケのことです。

日本のコロッケの起源とも言われています。

元々はフランスが発祥のクロケットですが、名前は違えど、潰したジャガイモとひき肉等の材料を丸めて揚げた「コロッケ」料理は世界中に存在していそうですね。

またクロケットという名前は「バリバリ音を立てて咬む」ことを意味する動詞「クロケ”croquer”」が由来しているそうです。(オランダ語:Kroket/フランス語:croquette)

2014-04-27 14.57.45
衣がカリッとした熱々のクロケット

オランダのクロケットの見た目は日本のコロッケと比べると、形が細長く棒状になっています。

日本のコロッケに似た味ですがホクホクのジャガイモのコロッケとは違い、ホワイトソースを使ったクリームコロッケに近い感じです。

外はサクサク、中はトロ~っとしており、なかなか美味しいです

一般的なのはトロリとした牛肉クロケットですが、チキン、ポーク、チーズ、カレーなどなどと味のバリエーションも豊富にあります。

自販機で買えるクロケット

日本では自動販売機といえばジュースが売っているのが一般的ですが、オランダではクロケットはなんと自動販売機で買えるお手軽さ。

それほどオランダ人にとっては、定番中の定番のおやつなのです!

kroket
コインロッカーのように見えますが、クロケット自動販売機

駅の構内などにクロケット自販機が設置されたお店があり、お金を入れて、ガラス扉を開き中からクロケットを取り出します。

クロケットの自動販売機は店の横に置いてあり、店内で揚げたものが保温された状態で入っています。

自販機からクロケットを取り出す際は、販売機や扉は熱くなっているのでご注意を〜

お店によって異なりますが大体1つ€1、60〜€1、80ぐらいの価格。自動販売機で買う際はお釣りが出てこないので、お金は金額分きっちり入れる必要があります。


クロケットが売っているお店と言えば、「FEBO」と「smuller」というオランダのファストフード店が人気!

オランダの街中や駅の構内など至る所にあり、クロケット以外にもハンバーガーやフリッツも売っています。

小腹が空いた時や、急いでいる時、スナック感覚で手軽にいつでもクロケットが買えるので、観光客のみならず多くのローカルの人も利用しています。

クロケットバーガー

オランダのマクドナルドには、オランダ限定の「クロケットバーガー」もあります。

バンズにクロケットを挟んだ、とてもシンプルなバーガーです。


またクロケットをパンに挟んだ「クロケットサンドイッチ」も、オランダの多くのカフェメニューに存在しています。

バターが塗られたパンの上に、そのまま乗っけられたクロケット。ザ・シンプル。

サラダなどはなく、マスタードだけ添えられていました。

こちらはカフェで注文した、クロケットバーガー。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by (@mooi.netherlands)

パンにそのままクロケットが挟まっているだけ。マスタードと小さなサラダが添えられていました。

両方ともどうやって食べるのか戸惑ってしまうんですが、 一般的にクロケットを潰してパンに広げ、マスタードをかけて食べるようです。

写真を見るとパン+クロケットなので見た目の美しさはなく、家で簡単に作れそうな感じ😅

でもカフェのオシャレな雰囲気で食べると、不思議な事に美味しく感じたりもするんです。

アムステルダムのベストクロケット

アムステルダムでNo.1のクロケットが食べられると有名なのが「Cafe Luxembourg(カフェ・ルクセンブルク)」です。私は行ったことはありませんが、No.1のクロケットなら満足いく美味しさかもしれません

お店のHP→こちら
住所:Spui 24 1012 XA Amsterdam
営業時間:月ー金:8時から深夜まで/土日:9時から深夜まで
 

クロケットは手作りしようとすると手間がかかる料理で、よっぽどの料理好きでない限り自分でつくることはないそうです。

スーパーマーケットでも冷凍されたクロケットが売っているので、家では買ってきたクロケットをフライヤーで揚げて食べるようです。

丸いクロケット!ビターバレン(bitterballen)

 そしてもう1つオススメするオランダの定番スナックがビターバレンです。(英語:Bitterballen/オランダ語:bitterbal)

img_3266.jpg
一口サイズが可愛いビターバレン
ビターバレンとはクロケットとほぼ同じ材料で作り方も同じですが、クロケットをより食べやすく一口サイズに丸めて揚げたもの。

ビターバレンも中は柔らかく、外はパン粉の衣がカリカリ。

具材は牛肉が主ですが、鶏肉や子牛のこともあり、またベジタリアン用としてマッシュルームで作られることもあります。

ビターバレンはカフェやバーなどで、人気のビールのつまみ。マスタードなどのソースが添えられてきます。
ビールとの相性は抜群!美味しいです!
 
 
先日、カフェの屋外のテラス席でビールを飲んでいると、ウェイトレスが両手にビターバレンを運んで往復する姿が目に入ってきました。
ビターバレンはオランダ人の大好きなビールのお供。多くのテーブルでビターバレンを食べており、それにつられて私も注文してしまいました。
テラス席でビールを飲みながら食べると、美味しく感じます!
 一度食べたら病みつきになるオランダのB級グルメ!オランダならではの、クロケットやビターバレンの美味しさをぜひ試してみて下さい♪
 
 

コメント

  1. ひろみさん♪

    携帯からメッセージさせてもらいます。
    私もFEBOクロケット好きです♡笑
    観光で友人が来たときは必ずFEBO行きます
    あとマックのクロケットバーガーも好きでわりとよく食べてます(*^^*)笑

    ビタバレンはだいたい家でオーブンで焼いて食べますがマスタードと一緒に食べたことが無かったので次回はカフェなどで試してみますね!!今回も参考になりました♡

    • はまる美味しさですよね〜
      私もついついクロケット食べたくて買ってしまいます。自販機で手軽に買えるので本当にありがたいです^^

error:Content is protected !!